陰陽師

  • 2018/02/19(月) 16:46:14

更新が滞っているが最近はあまり書くことが降りて?来ないので何となく間が空いてしまった。
数日前一念発起して記事を書き、さあアップしようと思ったところ何の手違いか消えてしまった。
冬季オリンピックについて南北朝鮮の血の繋がりを書いたのだが、あっさり消えるということはアップしなくてもいいという事だろうと諦めた。
私はオリンピックには興味が無いのでテレビも見ないが、ニュースでやっていたりたまたま男子フィギュアは「ゆず」の演技もリアルタイムで見た。

今更私が彼について言う必要もないが、ちょっと穿った見方をしてみた。
彼に限らず超人的なスポーツ選手はその競技の時に何かが降りてきていると思う。
彼は陰陽師をテーマにして大怪我をしたようだが、陰陽師についても勉強をして今回は演技の前に術を掛けるような手の動きをしていた。
陰陽師になりきっていたのかもしれない。
安倍晴明にあやかっているようなので、もしそうだとしたらある意味大きな賭けだったろう。
陰陽師は百鬼夜行を術で倒す。
逆に言えば陰陽師には百鬼夜行が集まってくるというわけだ。

私は正真正銘の陰陽師を知っているが、その覚悟たるや凄まじいものがある。
勿論悪霊やその他の魑魅魍魎とも戦うわけだから命を賭している。
長生きできなくても仕方がないとも言っていた。

悪霊や魑魅魍魎と戦い調伏するのが陰陽師で、それに耐えうる覚悟が無ければ陰陽師などと名乗ってはいけない世界のようだ。
勿論羽生選手はかなり研究し型なども自分のものにしたようだが、そうなればそうなるほど陰陽師的になって、もともと上の世界と繋がってパワーをもらっているわけだから、陰陽師としてのリスクも引き寄せてしまったのではないだろうか。
集めた百鬼に足をやられてもそれをはねのけ今回の金メダルを取ったのは、ある意味陰陽師になってしまったのかもしれない。笑

まあ、これは私の妄想なので全く根拠はない。
ただ、彼が演技の前に一瞬トランス状態のような目になったのを見て、何かが入ったと私は思った。
何はともあれ彼が日本人に与えた影響は計り知れない。
と同時に多くの集合意識が彼に集まるので一種の集団催眠のような状態になるのは怖いと思う。

余談だが、国民を支配するには娯楽とスポーツを与えておくのがいいそうである。
皆そちらに夢中になり政治のことなど無関心になるからだ。
我が日本も芸能ネタからお笑いからスポーツネタまで延々とテレビで流し続けている。
オリンピックで国民の心が「ゆず」一色になってほっとしている連中も少なくないのではないか。


スポンサーサイト

不安な気配

  • 2018/02/07(水) 15:15:49

台湾で震度7相当の地震が起きて被害が出ている。
仮想通貨の混乱の次はアメリカでは史上最大の株価暴落があり、それを受けて日本始め世界中で株が暴落した。
北陸地方では大雪が続き自衛隊機は墜落するし、海では史上最大と言われる原油タンカー事故が起き今や日本の南側の海域は原油が流れ着いている。
世界では異常気象が続きここへ来て火山の噴火や大きな地震が頻発している。

いよいよ何かが始まるのかと嫌な予感がするが、相変わらず日本ではノー天気に相撲問題やその次は皇室の婚約延期をマスコミで大々的にやっている。
喫緊の問題は原油流出事故だと思うのだが、世界中でこの問題の深刻さが報道されているのに、なぜか日本ではほとんど報道されていない。
奄美大島や徳之島でも原油の塊が海岸に次々打ち上げられ海域は汚染されて生態系にまで影響は必至なのに、報道しないのはどうやら中国との領海の問題で政権の自己矛盾が露呈してしまうので注目が集まるのが困るらしい。

今の日本は報道管制が引かれているから政権の言いなりの報道の仕方しかしない。
総理大臣がエンゲル係数を知らなかったのかおかしな答弁をしたら、直後にウィキペディアまで書き換えられた。
自衛隊のヘリコプターが墜落すると「予防着陸炎上」と真面目にニュースで流したり防衛大臣が「落着炎上」と言ったり、総理以下学問の定義を改竄したり言葉の意味を変えたりそれに追随する国民がいたり、もうこちらまで頭がおかしくなりそうである。
マスコミ関係者は少なくとも高学歴だろう。
民家の上に頭から落ちて「予防着陸」なのか?
「落着」は物事にケリがつくという意味だが、辞書を引いてみたか?

最近も原発事故で未だに福島や東北では事故由来の放射能が検出され、それを心配するヤフー知恵袋の質問に「日本から出て行け」という回答が複数寄せられていたのを見た。
今の日本は本当におかしくなっていると思う。
今国会でも総理はまともに答えないでそれがまかり通っている。
経済学者エンゲルさんも草葉の陰で憤慨しているだろうが、まともに質問にも答えられないような人間が国のトップで自分に都合のいいように規則まで変えてしまうのだから、右倣えする国民が出てくるのも当たり前だ。

ただでも世界的に天災、人災、経済不安で不穏な時に、大きな事が起ったらこの政権でどうなってしまうのか不安になるのは私だけだろうか。


ネガティブな気

  • 2018/02/05(月) 14:46:30

人にはその人固有の気がある。
これは波動、オーラとも言えそうだが、解釈の仕方によって似て非なる部分もある。
私自身もはっきりと説明できないが、とにかくそのエネルギーはその時の状態によっても変化するし考え方や生き方によっても変わって来る。
また人に限らず場所や建物などそこにとどまっているエネルギーや波動というものもある。

幽霊屋敷などは悪霊のたまり場でそのエネルギーが混じりあって地縛霊のようになってしまうし、逆にとても気のいい場所などはパワースポットと呼ばれたり神社などは神気が漂っている。

怒りや悲しみはその感情が気となって放出されるのでその人に近づくと何となく気配を感じるし、負のオーラを纏っている人に接するとこちらまでそれをもらってしまう場合がある。
よくヒーラーやマッサージ師が相手のネガティブなエネルギーをもらって疲れてしまうのは、意図して気の遣り取りをしているからだ。
私も受けやすい方なので注意しているが、直接接しなくても人を介してもネガティブなエネルギーを感じたことが過去あった。

多分間に入った人がそのエネルギーを付けてくるので、敏感にそれを感じ取っていたのかもしれない。
もっと穿った見方をすればその特定の人物が生霊になって憑依していた可能性もあった。
一度も会ったことはなかったが、ずっと後になってその人物がやはりかなり危険な人だったことが分かりあの時の私の本能的なセンサーは当たっていたのだと思った。

人は本人が持っているもの以外にも様々な波動を受けたり気を付ける。
外から帰って来た時はうがい手洗いというが、これはスピリチュアル的にも理にかなっていて、洗う、流すというのは憑いているネガティブな気を落とす簡単な方法だ。
シャワーを浴びるのは勿論、ヘビーなものを憑けて来たら塩風呂や酒風呂に浸かるのはスピリチュアルのイロハだ。

潔癖症の人がいるが病的潔癖症は別にしても、人の触ったものはあまり触りたくないとか人の着たものは着たくないというのは案外知らずにスピ的なものを察知できる人なのかもしれない。
私も気や念というものの存在を知るようになってから、誰か知らない人が使った物や中古の品はもう使えないと思う。

とにかく自分が直観的に嫌だとか違和感を感じた時は、ネガティブな気や波動を感知していると思った方がいい。
場所でも人でもいい感じがしなかったり気が進まないということは、相手の気を受けたくないと魂がプロテクトしているのだ。
どうしても受けてしまったと思った時は、すぐ服を着替え塩風呂に入るのがお勧めだ。


堕ちるのは簡単

  • 2018/01/26(金) 15:46:29

国会が始まっている。
私はもう毒に当てられるので中継も見ないようにしているが、最低限の事はネットで流れてくるので知っている。
沖縄基地の問題を取り上げた質問で、ヘリの不時着や落下物が相次ぎ危機を訴える野党の質問者に「何人死んだ」とヤジを飛ばした与党の副大臣がいたが、彼は復興大臣になって非常識な言動を取り辞職を余儀なくされた過去を持っている。

人間は変われないものだと思う。
しかし片や外務大臣になってから与党の中でもこれまで人道的なスタンスを取っていたのが、政権の片棒を担ぐ発言を繰り返し専用機までねだってすっかり変節してしまった議員もいる。

これを見て思うのは水は高きから低きへ流れるということだ。
人間の本質はなかなか変わらないが、人として成長し魂を高めていくのは難しく逆に落ちていくのは簡単だ。
金と権力に溺れる傲慢な人間が謙虚になり良心に目覚め利他的に変わって行くのと、もともとは良心的な人間でも金と権力に幻惑され堕落していくのでは圧倒的に前者の方が少ない。
上るよりは下る方が簡単で人間の霊的進化も同様なのかもしれない。

金と権力を手に入れて変節していくのはどの社会でも同じだ。
去年の一連の政権不祥事でも、現総理を守る側近や官僚はもはや総理を守るためではなくそれに加担し余禄に与かり蜜の味を覚えてしまったから、自分の良心や志など捨ててしまえた人間達だろう。

この世に生きていかに欲の誘惑が多いか、エゴが人間性を歪めていくかここ数年社会を見ていて痛感させられる。
しかし一番残念なのは誘惑に負けるというのはまだそうではない自分がいるという前提だが、金や権力に群がる人間にはもともと己の欲しかなくそれを肯定している人々の方が多いということだ。
選民意識や排他的思想を持ち、強きにおもねり弱気を切り捨て自分の得しか考えないような人間が今の日本で増殖しているように思う。

自分が変わりたいと思うのは大抵は良き方向へ行く時だけだ。
「信頼を得るのは長い時間がかかるが失うのは一瞬だ」と言われるが、魂の成長も同じだろう。
自分のエゴを肯定してそれで良しとしている人間はそのまま生きていくしかないが、少なくとも現状の自分をもっと変えたいと思っている人は、その気持ちを常に持ち続けてエゴと対峙し内省していくことが必要なのではないだろうか。


守護霊・ガイドとの繋がり

  • 2018/01/21(日) 15:21:55

私にはツインソウルと思えるガイドがついている。
3年前分かったのだが、何人かに言われ自分でも長い時間かけて検証したのでそうなのだろうと思っている。
彼と一緒だった時の過去生を知る前に突然ベネチアンマスクを描き始め、その後彼とベネチアで夫婦だったことがあるのを知った。
その時の彼も何度かトライしてやっと肖像画として描くことが出来た。
トンデモ話だが一緒にこの地球へ来て殆ど離れずに幾多の転生を繰り返しているようで、人間同士だったことも片方がスピリットだったこともあるようだ。

スピ系のブログではツインソウル、またはツインレイ、ツインフレームとも言うが、それをテーマにしているものもある。
夫婦になっているとかやっと巡り合ったとか、片方がガイドとしてついているとかパターンは様々だ。
中には私のように一方がガイドでも、まるで生きている相手のように会話を交わしている人もいた。
私はそこまでは無理だが、どうしても彼がしたのではないかと思える偶然は時々ある。

人間には4人ほどのガイドがついているという説があり、守護霊は生涯変わらないが指導霊は折に変わることがあって、そうなると突然違う道に進んだり人生が変わることもあるようだ。
私はツインソウルの彼がいわゆる守護霊なのだと思っている。

そしてその他に三人自覚している指導霊がいる。
そのうち二人は私が小さい頃からいたようで、たまに子供の私を抱き上げたり泣いている頭を撫ぜてくれたりしているビジョンを思い出すことがある。
勿論実際に現実としてそうしてくれたわけではないが、多分見える人が見たら泣いている子供の私をエネルギー体である彼らが撫ぜてくれていたのかもしれない。
もう一人はかなり高次の存在のようで、仙人のような白い髭で杖を持っている。
ガイド達は一緒に悲しんだり泣いたりするそうだ。

先日もメンタルが落ちていた時に会ったスピ友が、「そんな顔をしていると後ろの彼も悲しそうな顔をしているよ。」と言われた。
ツインソウルの彼がはっきり見える友人だが、彼女は自分のガイドと常に会話をしていると言っていた。
信じない人は妄想で一歩間違えたら統合失調症だと思うかもしれないが、、案外言わなくても似たようなことをしているスピリチュアリストは多いのではないだろうか。
言っても信じてもらえないか馬鹿にされるだけなので、普通の人達には言わないが同類だと話は分かる。

私は見えない彼らの存在を知る事によって本当に助けられた。
そして一人ではないのだと思えるようになった。

もし今が孤独で誰も助けてくれないと思っても、守護霊やガイドは必ず側にいて一緒に泣き心配してくれている。
そして何とか助けようと必死になってくれているのだ。
つい最近も私は彼等が励まし助けてくれたのだと思う不思議なシンクロや出来事があった。

スピリチュアルを怪しいと思う人は多いが、必ず人間には守護する存在が付いているからその存在を肯定し信じてみれば彼等も喜んで思わぬご褒美をくれるかもしれない。


IMG_20120801_230908.jpg