闇の占い師

  • 2017/06/11(日) 19:40:33

最近はあまりなくなったがひと頃色々なスピリチュアル業界の人と知り合った。
占い師、セラピスト、アカシックリーダー、陰陽師など様々だ。

今でも関係が続いていて困った時には助けてくれる人もいるが、殆どは一度きりだったリ一時のものだったりした。
多くの事を学ばせてもらったし必要なことを与えてくれた人もいたが、中には混乱させられたり人間の裏面を見せられるような人もいた。
しかし後者とて後から考えたらその経験で私は学んだり成長できたと思っている。
時が経ってみればそんなネガティブな経験も、精神性を向上させるために必要だったのだと納得できる。

凄まじい修行をしてそのために生まれてきたような人もいれば、何となく霊能力のようなものがあり気が付いたら占い師になってた人もいるし、崇高な志で無私、利他の仕事をしている人もいれば金儲けや有名になりたくて占い師をやっている人もいる。

光系、闇系、グレーゾーンと各種各様だ。
どこと繋がっていてもある程度能力はあるし占いくらいは出来る。
有名になってお金が欲しいのは低次と繋がっているが、この種族は結構目先の事は当てたり何よりもリピーターを増やすため良いことしか言わないか、逆に悪いことばかりを言って脅す。
中には自分の能力を使って怪しげなものを憑けたり、邪魔者は排除するような術を飛ばす。
リピーターに憑依したり、競争相手に呪術を掛けたりするのもよくあるようだ。

まあ、この手の人たちが行く末どうなるかは自明の理だが、最近思うのは世の中には必要悪というものがあってある意味そういう人達も敢えてその役割をするためにやっている部分もあるのかもしれないということだ。
依存させられる方はたまったものではないが、もっと言えばそういう占い師と関わってしまったのも意味があって痛い目に遭い自分の愚を自覚するか、もろともに落ちていくかが試されているのかもしれない。

人間は登るのは大変だが落ちるのはあっという間だ。
占い師で有名になったら、大抵当初の志を忘れて堕落していく人が多い。
闇に染まるのも今生のカルマかもしれないが、お客を道連れにしてはいけない。

占いやスピリチュアルをビジネスの手段として割り切っている人は、ある意味白くも黒くもないのでわかりやすい。
一番困るのは人を助けたいと口では言いながら助けたいのは自分だけだったりする人達だ。
どの社会も偽善者はいるが、スピリチュアル業界では人の人生に関わることをしてしかも人を操る力もあったりするのだから、占い師やセラピストを選ぶ時はよく調べた方がいいだろう。


DSC_0229.jpg


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは

>中には自分の能力を使って怪しげなものを憑けたり、邪魔者は排除するような術を飛ばす。
リピーターに憑依したり、競争相手に呪術を掛けたりするのもよくあるようだ。

このような術?をかけられた時に、それを排除する方法はありますか?

単なる顧客であっても安心できないことがありますよね。
名前や生年月日など個人情報もある程度握られていることが多いだけに、始末が悪いです。

  • 投稿者: 小督
  • 2017/06/12(月) 22:27:42
  • [編集]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

普通の人が聞いたら妄想のようですが、スピ業界では結構横行しているようです。
皆パワーストーンやそれぞれの方法で身を守ったりしていますし、受けたら塩風呂や神社仏閣へ行ったりして自分なりの方法で落とすようです。
でも強力なのはやはり専門の力を持った術者に祓ってもらう場合もありますね。
鑑定の時に生年月日や、性格や財政状況まで知ることが出来るので、リピーターに出来そうだと思う鑑定師もいるかもしれません。
占い依存症は実際にありますが、でもそういう関係はある意味同じ波動で共依存の場合もありそうです。

  • 投稿者: masuqerade
  • 2017/06/13(火) 10:54:10
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する