事実は小説より奇なり

  • 2017/07/06(木) 16:36:46

北九州が豪雨で大変なことになっている。
人的被害も出ているし洪水の惨状は目を覆うばかりだ。
すぐ前に太宰府天満宮へ行って来たこともあり他人事とは思えず心配しているが、どうも今回の水害は一部のスピリチュアリストでは予測が出ていた。
その前に震度5の地震が立て続けに3度北海道、大分、長野とあったが、これは連動しているような気がする。

地震は分割して何とか抑えたのではないかと思ったし、今回の豪雨ももっと壊滅的な大災害を軽減するためのものではないかと、被害に遭われた方には申し訳ないが思っている。
大地震や原発事故は多くのスピ関係者が予測しているし、私も同感だ。
しかし未来は変わるので直前で回避されたり場所を移したり軽減されることもあるようで、まだ何とか見えない力が止めているのかもしれない。

かつての東北大震災の原発事故も、実は宇宙人が介入して軽減したという説を読んだことがある。
宇宙人か神かは知らないが、確かに災害も見えない力が干渉することはあると思っている。
九州が集中的に狙われているようだが、もし稼働中の川内原発や伊方、高浜原発に大地震が起こったら福島原発事故の二の舞になる。
あのあたりの破滅的大地震を回避するために介入している力もあるのではないか。

雨は大地を鎮める。
分散する地震や豪雨が壊滅的打撃を受けるのを防いでくれるよう祈りたい。

それにしても東京都議選で歴史的惨敗を喫した安倍政権だが、辞める気などさらさらなく改憲を急ぐと言い出す始末だ。
国会を開いても安倍総理は出てこないし、こんな豪雨被害があっても見越したように外遊をして最後はGWに行き損ねた北欧を優雅にリベンジ旅行して来るらしい。
安倍政権がピンチになれば北朝鮮がミサイルを打ち、自然災害が起こるのは偶然だろうか。

今や気象兵器で台風も地震も起こせるのは公然の秘密だが、首が危なくなった政権がやることは国民の目を他所へそらすことだ。
それも今の状態ではもはや芸能のスピン事件では追いつかないので、東北震災並みの大災害か、戦争しかない。

陰謀論と馬鹿にされても、事実は小説より奇なりで知らぬは国民ばかりなりということにならないことを願う。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する