悪党面の理由

  • 2017/07/29(土) 16:57:06

先日銀座に知り合いの個展を見に行って来た。
そこは去年私も個展した画廊なので、オーナーがいて暫く雑談をしてきた。
話は美術団体のことになり私の所属している団体についても話題に上った。

美術団体は昔から日展を始め情実で動いている部分は大なり小なりあるが、情実には必ず金やその他プラスアルファがつきもので、最近は私の居る団体もそれが顕著になってきたという話だった。
特に誰の事を言っているのかは阿吽の呼吸で分かるが、つい最近も私の知っているセレブの女性を会員にすると言っていたとか言わなかったとか・・。
その幹部は私も以前から知っていてよく声をかけてもらっていたが、最近は会合にも出ないので嫌われたらしくいつぞやも会ったがかつてとは全く雰囲気も顔も変わっていた。

今、安倍政権がお友達への利益誘導と優遇で世間の指弾を受けているが、私の居る美術団体も似たような縮図になっている。
日本全体が私利私欲で公明正大という言葉を忘れてしまったようで、身近な組織もその例にもれず世の中の倫理や正義は歪められていると思わずにはいられない。

人間は心が堕ちると顔が変わる。
悪人は悪党面になるが、あれはエネルギー的にも必然だ。
元々ダークな部分を持って生まれた人間は、小さい頃からそういうオーラを出し危険な顔になっている。
幼稚園児でもこの子の顔付は危ないと思う子はいる。
非行少年がどこから見ても非行少年の格好をし顔をしているのは、持っているエネルギー、波動自体がそうだから当たり前の事なのだ。
電車に乗っていて、「あの人は危ない」「側に近寄りたくない」と思う人はそういう波動を出しているから危ない顔になっている。

しかし生まれつきではなくても普通の人が段々私利私欲に溺れ堕落していった時も、顔付きが変わって行く。
権力を持つと偉そうになったり人を見下すようになったりする人間は多いが、同時にそれは行動にも表れる。
人間は嘘を付くと顔がねじ曲がって来るが、特に政治家などはよく観察しているとかなり顔が左右アンバランスな人が多い。
笑い話のようだが嘘を付くたび段々口が曲がるのだ。

上記の美術団体の幹部もここ2,3年ですっかり顔付きが変わってしまった。
私にはオーラは見えないが、例えていうならどす黒いオーラに包まれている感じだ。
権力を嵩に着て金や縁故で目を掛けた人間を引き上げたり恣意的に組織を動かしているようだ。
組織の人間達も側近も分かっていてもそれを糾弾しないし止めないのだからさながら今の自民党だ。
彼の顔はどこまで変わるのだろうか。

もし周りの人間で顔付きが変わってきたと思ったり久しぶりに会ってがらりと感じが変わったと思った時は、その人の内部に大きな変化があった時だ。
良い感じになっていればステージが上がって悪い感じになっていればステージが下がったという単純な事だが、嫌な感じになっていたら要注意だ。


IMG_20131209_152633.jpg


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する