神社仏閣巡り

  • 2017/08/24(木) 17:29:02

三峯神社へ行って来たのだが、ブログに詳しく内容を書いたところ何とも公開に迷いが生じ結局止めてしまった。
とにかく今回も助けてもらったのだと思って感謝している。

神社仏閣に行き出したのは去年からだ。
3年前に節目のようなことがありそれから自分の中で見えない世界をはっきりと肯定するようになった。
するとあれよあれよという間に色々な人と知り合い私にとって必要なことを与えてくれて去って行った。
必要なものは必要な時に来るということを痛感した。

神社仏閣巡りもその中で知った人に指南されたのがある。
色々な神様に助けてもらっていると聞いたが、今はその気持ちが分かるようになった。
助けてもらうというよりそこに行ってその都度抱えている問題の自己解決の手助けをして貰うという感じだろうか。

神様は個人を助けてくれるわけではないと言われるが、多分自分を守護する存在達を通じて慈悲を与えてくれるのかもしれない。
私は去年は色々な神社へ行ったが、今はもう自分が好きで縁をもらったと思う神社しか行っていない。
ただ今年は秋に念願だった出雲大社へ行くことにしている。

大国主命、いわゆる大黒天様はいつも行く神社で何かと助けられているので是非日本の大国主命の総本家へ行ってみたいと思っていたのだ。
人間は神仏に親しむ人と全く無関心な人がいる。
途中で信仰心を持つ人もいれば信仰を捨てる人もいる。
それぞれの生き方だが、私は神仏を信じることが出来るようになって幸せだと思っている。

私自身は無宗教だし特定の神を信じているわけではない。
行く神社でそこの神様に手を合わせ、縁を感じる神様は祈祷をして貰ったり家にも御札を祀っている。
複数の御札があるが、実は神様同士で連携しているという話も聞いたり、元は八百万の神なのだから好きな神様が複数いてもいいと思っている。
神様同士縁が深い場合があったりするらしいし、偶然行った神社が実はその時自分が一番願っていることを司る神様だったりすることがある。

神社仏閣は色々なヒントをくれるので、必ずそこで見たことや起こったことの意味を考える癖がついた。
シンクロや不思議な事は結構あって驚くことがある。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する