天の世直し

  • 2017/09/01(金) 16:26:03

今日から9月だ。
雨ばかりの8月だったような印象があるが、今夏の日本列島は大雨被害が相次いだ。
大雨は日本に限らず世界中で異例の大洪水が起きており、今もアメリカではハリケーンハービーのせいでテキサス州で記録的な大雨が続き大地が水没している。

ここ数年、地球規模で気象の大きな変動が起こっている。
歴史的にも異常気象は一定のスパンで繰り返されているが、これは必ず歴史上の大事件に連動しているようだ。
後進国では干ばつや洪水で生活が脅かされ人心が乱れて紛争が起こるのは想像がつくが、日本でも江戸時代には干ばつ、飢饉で一揆や民衆蜂起が起こったのは周知の通りだ。

自然災害は人的災害も引き起こすが、それによって一気に国の破壊再生が起こるとすれば、もしかしたら一番わかりやすい天の世直しなのかもしれない。
東北大震災は人工地震だという説もあるが、続く原発爆発は人的災害で、たとえどんな陰謀説があろうと少なくとも日本はあれを機に変わるべきだったと思う。
今日は関東大震災が起こった日で、その後の太平洋戦争への端緒になったのではないかとも言われる。
歴史は繰り返してはいけない。

今年に入って私的には社会を見ていると「手詰まり感」がひたひたと押し寄せて来る。
国民はどこかでそれを察知してはいても「見ざる聞かざる言わざる」「臭いものには蓋」的なスタンスで、敢えて現実を直視しないようにしている気がする。

ツケはいずれ回って来るが、今がよければいいという半ば諦めと無気力。
これを覚醒させるには大災害か戦争しかないとしたら何とも悲しいことだが、歴史を見ればその繰り返しなので多分人間は延々とこのスパイラルの中で被害に遭ったり理不尽な形で個人のカルマ解消をするしかないのかもしれない。

かくいう私とてせいぜい自分を守るために正確な情報を収集するくらいしか出来ない。
いくら歯痒くても個人で今の政治を変える力はないのだから。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんばんは

テキサスの洪水は水が引かないそうで、長引きそうですね。
これからいろんな影響が出てきそうですね。

自然災害が天の意思とは私は思いたくありませんが、その説を唱える方が多いことは理解しています。でも、そこまで状態が悪いとは思いませんでした。

どちらかと言うと、私は北の弾道ミサイルの方が気になっているのですが。

  • 投稿者: 小督
  • 2017/09/02(土) 23:19:30
  • [編集]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

天は自然も含めて天とも言えますし、地球自身も意思を持っているという考え方もあります。
神様を信じるかどうかと同じ話なので、感じ方は人それぞれだと思います。

北朝鮮のミサイルが戦争のきっかけになるとしても、北から戦争を仕掛けることはないし日本に打ち込むこともないでしょう。
北のミサイルを利用しようとする勢力の方が危険だと思います。
以下のサイトを見てください。
所詮は金儲けなのですよ。

https://trendy-lab.net/prk-missile-398

  • 投稿者: masquerade
  • 2017/09/03(日) 09:30:52
  • [編集]

7回目の終了です(その3)

こんにちは。いつも興味深く拝見しております。

世は、七度の大変りと知らしてあらう。(黄金の巻 第26帖)

世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。(黄金の巻 第71帖)

★(追記)
 上記以外にも、シリウスファイルのオコットのメッセージ、ヒトラーの予言、エズラ黙示録、ヨハネの黙示録(外典)、マザーシプトンの予言、ビリーマイヤーの予言、その他の予言などにも類似性や関連性が認められます。

どう思われますか。

  • 投稿者: 7回目の終了です(その3)
  • 2017/09/04(月) 10:20:07
  • [編集]

Re: 7回目の終了です(その3)

コメントありがとうございます。

日月神事は知っておりましたが内容は読んだことがないので知りませんでした。
列記されたほかの予言も寡聞にして中身は存じ上げません。
ざっと検索してみましたが終末論のようなものは色々な預言書にあるので、常に人類はその選択肢は持っているのだろうと思います。
預言者はどの時代でも高次の世界とチャネリングして降ろすようなので、天界ではいくつかの未来の道があるのだと思います。
どこを選択するかはその都度変わるので、細部のずれや変更があり、違う方法に置換されることもあるのではないでしょうか。

私の書いていることはあくまで自分が何となく感じる事です。
予言は言葉にしたり人々が知って構えると当たらないと言われます。
ただ知らないで後から検証して当たっていたというのはありますから、どう受け止めるかは各人の判断しかないと思います。

ただ、天変地異や戦争の予言が当たるにしても個人ではどうしようもない事だけは確かなので、一番必要なのは諦観かもしれません。

  • 投稿者: masquerade
  • 2017/09/04(月) 14:50:56
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する