矛盾した願い事

  • 2017/10/21(土) 16:51:57

昨日は天秤座の新月だったのだが、不覚にも今朝知って慌てて新月ワークの願い事を書いた。
考えればここ2年ぐらい欠かさずやっているが、毎回一つぐらいは叶っているように思う。
前回の願い事も叶っている。

アファメーションや引き寄せで願いは現実化すると言うが、よく考えたらささやかな事でも私は新月ワークに関係なく三つほど何気なく「~であればいいな」と思ったことが気が付いたら叶っていた。
○○で食事をするなどという類のものだが、その時に思って忘れていたら実現したという感じだった。
案外スピで言うアファメーションや引き寄せは、本当に起こるのかもしれないと思った。

しかし、これらは実に単純でシンプルな願いで、もっと生活や人生を左右するような大きな願いは複雑な背景を持っていたりしてそうなるとなかなか叶わない。
例えば「早く結婚したい」という願いがあっても、実は条件が厳しかったり不安があったりすると思うようにいかない。
「結婚したい」という無条件でシンプルな願いならまだいいが、付随する諸々があったり自分の中で相反する気持ちがあったりすると難しくなる。

実は私も同じような問題を何年も抱えている。
仕事上の事だが、望みはあってもそれを得るためには自分の節を曲げたり不本意な事をしなければならなくて、そのジレンマで進退窮まってきた。
平たく言うと画壇というのは政権のようなもので、権力者には忖度して覚えめでたくしなければならなかったり実力だけではやっていけない部分がある。
会社と同じでヒエラルキーがあり、出世したければ制作以外の努力も必要となり人間の欲の醜さも見なければならない。

私はそういうものが一切嫌いなのでしてこなかったが、それに伴う風当たりは強くいい加減に堪忍袋の緒が切れそうになることがある。
しかしそれが私のいる世界でありその中で自分の望む道を行こうとすると、半端ない自家撞着を経験しなければならなかった。
望みが叶うためには嫌な事をしなければならなくてそれをしたくないのだから、いくらアファメーションしても叶うわけはないのだ。

願い事と言っても実は矛盾した願い事が多々ある。
会社でも出世したいがそのためには嫌な部長の評価がいる。
しかしその部長は人間としては最低だし嫌な奴で媚びたくない、でも自分の願いはその部長にかかっている・・・これは葛藤に苦しむケースだ。

願いのスケールが大きくなればなるほど簡単に行かないのはそこに複雑な背景があって、自分の意識もシンプルではないからだ。
人生を左右するような願い事は、まず自分の心を見つめ直し葛藤や矛盾が無いようにクリアにしてから願った方がいいだろう。
それは全く私自身にも当てはまるのだが。笑


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する