占星術の奥深さ

  • 2018/03/22(木) 15:59:37

最近西洋占星術に興味が出て、詳しいホロスコープを作って調べている。
ネットで気になる所を調べ調べやっているが、出生図のホロスコープを作ってそこから読めることを読んでいる段階だ。
ホロスコープとは生まれた時の場所から見た星の位置図だが、12星座と太陽、火水木金土星、天王海王冥王星が載っている。
詳しいホロスコープにはこの他に小惑星や感受点もある。
星座と星と12に分割されたハウスというのが、それぞれがどこに位置するかで読んでいく。
また星同士が角度を作るのをアスペクトと言い、これにも意味があってそれも重要なポイントになる。

まだ自分のホロスコープを調べている段階だが、解釈方法が多岐にわたり幾つかの特徴をどう併せて読んでいくかは、手相やタロットカードのリーディングよりも奥行きが深く範囲が広い。
例えば天秤座の位置で3ハウスに金星が入っているとなると、天秤座の特徴と3ハウスの象意と金星の意味する部分を幾つかのパターンで組み合わせ解釈しなければならないので深い推察力と直感が必要になる。
結局統計術や算命系の占い、カード、手相などと同じで占術者のセンスやリーディング能力が大きな部分を占めるようだ。

今は無料ホロスコープでもかなり詳しいものがネットですぐ出て来る。
まず星やハウスの意味などを覚えた上で、位置が示すざっくりとした意味でもかなり当たっているように思う。
以前前世を幾つか知って自分の人生の考え方や価値観、行動様式や説明できない特徴などで腑に落ちることがいくつかあったが、このホロスコープでもその傾向が裏付けされるような配置になっていてちょっと驚いている。
ホロスコープは自分が選んでそこに生まれると言われている。
多分自分の人生をプログラムして生まれてくるとしたら、その星の位置の時に合わせて来たのかもしれない。

スピリチュアルを究めれば宇宙に行きつくようだが、ある意味星も人の魂と繋がっているとも考えられる。
壮大な話になってきたが、毎日12星座で占うテレビや雑誌の星占いは殆ど別物で、ホロスコープは個人の運命や運勢を占うものだと考えた方がいいだろう。
一番驚いたのは身近で短命だった人のホロスコープを出したときに、典型的な凶相になっていたことだ。
出した瞬間思わず声を上げてしまった程だ。

暫くはホロスコープにはまりそうな気がしている。笑


DSC_0044.jpg



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんばんは

ホロスコープは難しそうで、未だによくわかりません。汗

余談ですが、ホロスコープから見ても、羽生結弦選手は安倍晴明が憑依しやすい位置にあるそうです。
何もかも味方につける人もいるんですね。

  • 投稿者: 小督
  • 2018/03/27(火) 19:24:36
  • [編集]

Re: タイトルなし


コメントありがとうございます。

ひょんなことからホロスコープを調べ始めましたが、本当に難しいです。
でも、それだけ深い部分までわかりもっと言えば人生のサイクルも判るし死期も分かります。
一番当たると言われるのはインド占星術ですが、まだそこまでは手が回りません。
でも、こんな不思議なものを誰が考え出したのかと思うと、多分人間ではないということは想像がつきました。笑

  • 投稿者: masquerade
  • 2018/03/28(水) 19:23:51
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する