神域での写真

  • 2018/03/31(土) 16:54:52

久しぶりに三峯神社へ行って来た。
今回は宿坊に一泊したのでゆっくりできたが、花粉症がひどく薬を飲んだら早々に眠ってしまい勿体ないことをした。
三峯神社は駅からバスで1時間15分かかる。
その間山を登って行くのだが、毎回バスに乗るとほぼ満員の乗客たちの大半が寝てしまう。
私も同様で何故か眠たくなり寝てしまうことが二度に一度はある。

スピリチュアルの世界では違う波動に触れると眠くなるというのがあって、これは良い方も悪い方も言えるようだが、三峯神社へ行く乗客たちが寝落ちするのは山自体が霊山と言われており強力な神社なのでその波動に触れるからだろう。
よく霊格の高い人と会ったり講演を聞いたりすると眠くなる場合があるが、これも自分にない波動を受けるかららしい。
同様にネガティブな波動を受けたり邪気に憑かれたりしても眠くなる。
眠ると大抵の邪気は落ちるそうだから、そういう意味もあるのかもしれない。
今回私は行きも帰りも眠くなりうとうとしたが、高い波動に当てられたのか、はたまた邪気を落としてもらったのか。

三峯神社は広い。
本殿のほかに末社摂社がたくさんあり、狼信仰と言われる狼の眷属を祀った御仮屋というお社もある。
高い場所には日本武尊の大きな銅像があり下界を睥睨している。
私個人としては御仮屋と日本武尊の銅像の場所が好きで、いつも長い時間を過ごす。
神社へ行った時は神様にお許しを願って写メを撮るのだが、今回は携帯を変えたのでどんな写り方をするのか興味があった。

私は神様も見えないし声も聞こえない。
よくスピブログで神社で神様とお話ししたとか御神木の声が聞こえたとかあるが、それは本当に神様なのか、自分のガイドや違うものの声なのかと疑問を感じることがある。
スピの常識として神様と名乗るものは信用しない方がいいというのはあるが、本当に話せる人もいるかもしれないからその可否はつけられない。
私の場合は何となく空気が違うとかぼんやり感じる程度だが、一つの目安としていわゆる蝶やトカゲ、鹿など神遣いが現れたり何かしら不思議な事があったら神様がいるのかもと思うことにしている。
それと写メを撮ると綺麗なフレアやゴーストが撮れる場合もそうだ。

逆光でコツさえ覚えれば誰でも光写真は撮れるが、日常の生活の場所ではなかなか撮れない。
私の場合は神社が多いが、それでも全ての神社で逆光の光写真が撮れるわけではない。
大抵はお社や御神木の辺りに写り込む。
ただ今回判明したことはスマホで撮っているのでスマホによって写り方や色合いが違うという事だった。

私は科学的に説明はついても、逆にレンズは人間の目では見えないエネルギーを拾うこともあると思っている。
今度は青系から緑系のスマホに変えたのでその色を反射しているのだろうから、紛れもなく逆光のフレアなのだが、それでも私は何かのエネルギーが写っているのではないかと考えている。
今回は御仮屋の動画を撮ってみた。

御仮屋動画

DSC_0095.jpg DSC_0109.jpg DSC_0101.jpg



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは

何ものかの存在が感じられる、と思って写真を撮ると、
「勾玉」のようなものが写る時があります。

私はmasuqeradeさんのような「光」を撮ったことがないので、
動画での「光」を興味深く拝見しました。

「勾玉」と「光」の正体?って別物なのでしょうね。

  • 投稿者: 小督
  • 2018/04/02(月) 14:44:42
  • [編集]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

光写真は科学的にレンズと光の加減というのが証明されています。
ただ心霊写真はちょっと説明できないものがありますね。
目に見えないエネルギーが写るというのは私もあるのではないかと思いますが、それが具体的に何が写ったからこうだという説明は誰もつかないと思います。
仰る「勾玉」と「光」の正体が何なのか私にもわかりませんが、多分同じエネルギーでも撮る人やカメラによって写り方が違うというのは充分考えられます。
見て「いい感じ」と直感的に思うならいいものが写ったと思う程度でいいのではないでしょうか。

  • 投稿者: masquerade
  • 2018/04/02(月) 17:22:03
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する